アメリカ不動産投資を成功させましょう~オドロキ収入UP術~

不動産

制度を利用

物件

アーリーリタイアメント

資産形成には、株や投資信託、外貨預金や金など様々な手段がありますが今注目を集めているのがアメリカ不動産投資です。アメリカ不動産投資は日本にはない色々なメリットがあり、今は日本にいながらにして有利な投資できる環境が整っているのです。アメリカ不動産投資の主なメリットをあげてみると、不動産を所有することでの税金の優遇制度や物件価格や家賃が上昇していることなどです。アメリカ不動産投資で資産形成ができれば、アーリーリタイアメントも実現することができます。一時リーマンショックによって経済が落ち込むこともありましたが、アメリカは人口が増え続けている先進国であり、不動産取引に関するインフラや法律が整備されています。又不動産の情報が公共機関などで公平に手に入れやすく、取引が比較的容易であることから外国人でも参入しやすいのです。

投資の分散

そして一般的にアメリカ人は7年に1度は家を買い換える習慣があり、中古物件の売買も盛んなのです。又アメリカ不動産は、統計から見ても価格が右肩上がりで上昇していて、銀行も不動産価格が値上がりすることを条件にローンを組んでいます。アメリカ経済はインフレ気味の傾向を示していて、そのことは物価の上昇が長期的に見て続き不動産価格も上昇していくことが見込めるのです。しかしアメリカ不動産投資に取り組むときに気をつけることは、リスク管理をしっかりと行う必要があります。投資方法を1点に絞らずに、いくつかの方法で運用する方が安全です。期間が半年から1年で物件を修繕して売りに出す短期投資や物件を持たずに2年から5年の間に家賃を回収する中期投資、物件を所有して賃貸し8年を目処に転売する長期投資と分散しておきます。